2005年11月26日

繊維筋痛症???

galoaさんのBlog「線維筋痛症情報」によりますと、「本当は怖い家庭の医学」の番組終了後のワード検索で、正式な病名の「線維筋痛症」(せんいきんつうしょう)より、間違いの「繊維筋痛症」で検索されるほうが多かった、ということです。

実は、この私も、番組を見て記事を書いていて、間違ったほうの「繊維筋痛症」と書いて、コピペを繰り返していたのでしたわーい(嬉しい顔)娘の症状が良くなり、この言葉としばらくのご無沙汰だったので、ついうっかり最初に出てきた変換文字のまま、気付かなかったんですね。(どこかまだ変換ミスをしたままになっていないかな?がく〜(落胆した顔)

私はこの病気について、ひとりでも多くのかたが関心を持ってくださり、病名がわからず悩んでいるかたの救いになれば、と思い記事を書いています。ですので、ここで、ひとつでもヒットが多くなるよう敢えて繊維筋痛症というキーワードを書いておくことにします。
posted by Motoko at 12:38| Comment(6) | TrackBack(1) | 線維筋痛症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは♪
ブログに来て下さってありがとうございました。
早速リンクに入れさせて頂きました☆
娘さんの回復への道のり、すごく心強かったし心から「あー良くなってよかった」って思いました。
これからもぜひよろしくお願いします!!^^
Posted by ハル at 2005年11月26日 17:41
はるさん。
実は、ひとりの親として、ハルさんのブログにコメントしたかったですが、勇気がありませんでした。今確実に2人の元患者(本人が治ったと思える元患者)がいます。ハルさんも絶対治ります。FMSが治らないなんて嘘です。10台の子供なら、家の主治医は、多くが完治するといっています。
親の立場から、ココに書かせていただきました。MOTOKOさん、そうですよね(^^)ハルさん見てくれるかなー
Posted by 希望 at 2005年11月26日 20:45
ハルさん、希望さん>
思わぬことがきっかけで(番組)、ここのBlogに新たなテーマが加わったようです。自分ちの娘が良くなったことで、もう過去の出来事になりかけていたことでした。でも、辛い思いをされている患者さんがまだたくさんいらっしゃること、そして、ハルさんのように、学生さんで、娘と年齢も近いかたがこの病気と戦っていらっしゃるのを知り、みんな一緒に良くなりましょうよ、という気持ちになりました。

治る人と治らない人、そんな境目があってはいけないと思います。治る人があるんだから、みんな回復のほうに向かっていかないと。特に、ハルさんのように若いかたのこの病気に対しては、本当に母の気持ちで、心から良くなって欲しいと、祈るような思いです。

ハルさんも、まだいろいろと不自由なことが多い時期かもしれませんが、必ず乗り越えられますよ!将来の夢もたくさんあることでしょう。この経験は決して人生のマイナスにはならないと思います。元気になられた時に、きっとプラスのエネルギーに変わると思います。応援していますよ!

娘の体調に変化がない限り、病院にはもう行かなくてよいことになっていて、治療の最新情報などは書けないかもしれませんが、折々に患者さんたちに応援のメッセージを出したいと思います。希望さんも、書き込みなどまたよろしくお願いしますね。
Posted by Motoko at 2005年11月27日 00:54
少し返事が遅くなりましたが、blogにコメントありがとうございました。初コメントなので嬉しいです。
娘さんは回復されたようでおめでとうございます。私は筋トレを重ねてよくなりました。しかし、今でもストレスがかかると痛みます。もっと私もストレス対策を考えていかないといけないなあ、と思っています。
Posted by at 2005年11月28日 22:27
すいません、上の記事に名前を入れ忘れました。線維筋通情報のgaloaです。blogを初めて3ヶ月の初心者です。
Posted by galoa at 2005年11月28日 22:33
galoaさん、こんにちは。

galoaさんのBlogは、よくお調べになっていて、ほんとに情報がたくさん!と思いました。筋トレもいいんですね。怖がらずに無理のない範囲で、スポーツに挑戦するのもいいのかもしれませんね。何事も、ひとつステップアップするのには、挑戦することは必要ですね。がんばりすぎないで、筋トレと、Blogのほうもがんばってくださいね!どういうわけか、このBlogから、トラックバックを送ることができないようなんです。申し訳ありません。
Posted by Motoko at 2005年11月28日 23:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

[病気関連]なぜ繊維筋痛症ではなく線維筋痛症と呼ぶのか?
Excerpt: “線維筋痛症”という病名を始めて見た人はまず間違いなく、“繊維筋痛症”の間違いではないのか?もしくは線維と繊維は違うのか?と考えると思います。 なぜ“繊維”を“線維”というのか。そのいきさつを調べ..
Weblog: 線維筋痛症情報
Tracked: 2005-11-27 01:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。